エナジードリンクマニア雑記はてなブログ

エナジードリンクマニアのエナジードリンクに関係ない雑記ブログ

秋のエナジードリンク新作ラッシュがヤバかった

こんなツイートをしたとおり、秋のエナジードリンク新作が続きました。特にメジャーブランドがここまで一気に発売されるのが面白いですね。普段エナジードリンクをそこまでウォッチしていない人たちも「そんなに!?」と思ったようです。

 

で、今日はこんな感じでした。

インパクトすごい。

 

 

今回はまずZONeの新作「ZONe ENERGY EGO ブルーロック

さらに「2Energy (トゥーエナジー)」が発売。

 

 

そして10月に入り世界トップブランドであるレッドブル ウィンターエディション2023 マスカット

モンスターエナジー オージースタイルレモネードが同日発売。

 

この中ではレッドブルがダントツで美味しかったですね。最初のツイートでどれをリピートするか、とツイートしてみましたが圧倒的にレッドブル。どうにか売れ行き良好になってもらって定番化してほしい・・・。

 

 

これら以外にまだ他にも新フレーバーが出ているので続いてレビューしていきたいと思います。

ZONeタイフーン

2023年7月25日発売、ZONeタイフーン。

www.energydrinkmania.net

中身が美味すぎて缶デザイン勿体ないな、と思ったエナジードリンクです。

 

レビューで詳しく書いている通り、味・香りともにかなりクオリティが高く、価格相応の満足感ある美味しさを楽しめると思います。今回は特に温度を変えて飲んでみてほしいですね。

しかし缶デザインと商品名は勿体なかったかなぁ。

レビューの最後でも書きましたが、外観すべてにおいてもっとアップルごり押しで良いと思うし、缶デザインを見ただけで「このフレーバー飲みたい!」と思えるような演出があると良いかなと感じました。

何味かわからないものよりも見た目と商品名から飲みたい欲が掻き立てられるタイプなので。

ZONeは昔の一部のモンスターエナジーの商品名とかデザインとかに寄せすぎてるのか、厨ニ感をネタっぽく楽しんでほしいのか、どうなんでしょうね。

【レビュー】ZONe ENERGY TYPHOOON|エナジードリンクマニア

 

ちなみに、このZONeが続けている「フレーバーと無関係な抽象的な商品名」に強く影響されたのかもと思えるのが日本のレッドブルでした。エディションシリーズはずっと味と無関係な商品名がついていて過去にレビューでもこれは残念だなぁと書いてきました。

最近パープルエディションからようやく缶正面に世界共通の商品名(フレーバー名)表示がされることになって個人的にはナイスな改良だなと思いました。

特にレッドブルは他社よりも高額で少量なので商品自体はわかりやすいほうがいい。味はどれも良いので、「何味かよくわからんな、他のより高いし」と思われずにまず飲んでもらいたいですよね。

なぜ人は旅に出るのか?自分探しって何だ?日本全国を周るヒッチハイク女子&東出昌大

youtu.be

ヒッチハイクのリスクや旅における自分探しという微妙な点は置いといて、最後の東出さんのコメントに尽きると思います。

若い頃は多少無茶できると思う(若くて何も知らないからではなく、背負うものがほとんどないから)し、この先の時間は中年以降よりも長いことは間違いないし、またその先の人生の糧になる経験や考え方が得られる可能性は高いと思うので。

若い頃に多少のお金を使って色々な経験を色々な国ですることは大切。適当なグループ旅行やパパやママのお金で行くんじゃなくて自分で行くやつね。

ゲスい印象しかなくなってしまった東出さんですが・・・、変に格好つけずに自分の経験を話すような(多少無知が出てもそれも自然で良い)コメンテーターゲストにするの良いと思うな。

 

Zoneフルーツミックスブースト

ZONe ENERGY FRUITS MIX BOOST

4月4日発売の新作、Zoneフルーツミックスブーストをレビューしたらけっこう反響が良くて。実際飲んでみるとzoneシリーズの中でもかなり完成度が高い。個人的には高果汁にせずとも同様の美味しさは実現できるとは思っているのですが、それでも現状のフレーバーでも評判は上々であると考えます。

 

ここ最近、zoneハッピーティーにしても良い感じのフレーバーが出てきていて、またレビューでも書いている通り商品名とパッケージデザインが改善されてわかりやすく魅力的になってきたことも個人的には高評価。

 

各商品の詳細は本編レビューでどうぞ。

今後もこの流れでわかりやすく魅力的な商品が出てくると嬉しいです。

日本人の病的な部分

encount.press

「少数意見だと思うんですが…」と前置きしつつ、「のんびりと空の旅を快適に過ごしたいと思って、少し高めの金額を払って、ゆったり座れる席を購入するんですが、CAさんの自己紹介サービスに毎度疑問を感じる…」とつづった。

 その理由として「名前を覚えられないし、名前を呼ぶこともないので要らないサービス。CAさんも1人1人に大変そうだから無くても…」と説明している。

自分もビジネスクラスはよく乗るしエコノミーに乗っても挨拶に来てくれるんだけど、毎回恐縮しっはなし。「お客様」すぎる扱いに逆にこちらが気を使うくらい下手に来てくれるんだけど、これに大満足なオジサン・オバサンが少なくないのも事実だと思うんですよね。こういう人向けのおもてなしとか正直キツイなと思うことが多い。

個人的には日系がやっていることに否定的ではないんだけど、海外のようにサービス提供側がフランクな笑顔で楽しそうに接客してくれる感じ、これくらいで丁度良く感じます。ただ日本の病的なオジサン・オバサンは日本語が通じると途端にイカれた言動を発することが多々あるので・・・。日本独自のやりすぎおもてなしやクレーム対応等わからなくもない。

航空会社もホテルも飲食店もすべて日本は異様な雰囲気があって、これが日本の良さでもあるんだけど、サービスを受ける側がヤバイ奴だったときが最悪で、働いている方が可哀想になることも多々あります。

サービス提供側にも礼儀をもって対応する、日本人の良さを皆が持ちたいですね。

光熱費が上がりすぎてたのを実感

色々な値上げはあまり体感していないというか、金額を見ていなかったため気づかなかったというべきか。

先日ガス代の請求金額を久しぶりに確認したところ強烈に上がっていてびっくり。というのもその月はほぼ半分くらい海外にいたからです。今更感が強いですが・・・。

で、東電の電気代値上げのニュースが話題になっていますね。

www.asahi.com

これもでかすぎます。6月以降ということで、冷房をガンガン入れ始める時期・・・。

 

個人的には原発賛成派なので、動かせる原発はどんどん動かしてほしいですね。

 

ホテル代の高騰にも繋がってくるのかなぁ。あと燃油もね。今年は海外の涼しいところとかで過ごす時間増やすかな(違)

 

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと

ダルマデザインがヤバイ、ZONeビッグラック

www.energydrinkmania.net

1月10日発売のZONe新作、ZONeビッグラックです。味などはレビューをご覧ください。色々思い出す味かと思います。昔からZONeシリーズを飲んできた方ならこの色を見れば味はだいたい想像がつくでしょう。

このダルマの強烈なデザインに合うフレーバーを期待していましたが、それは叶わず。ZONeは数量限定で新商品を回転させていくスタイルなのでやはり新フレーバーを模索してほしかったかな。

 

個人的にはビッグラックのデザインがとても気に入りまして、デザイナーさんサイトに行ってみたところ多くの作品に衝撃を受けました。

vimeo.com

これはヤバイでしょ。

ほかにも色々ポートフォリオがサイトにあるので見てみてほしいです。

 

今週のお題「初夢」

渋谷の年末カウントダウン中止について思うこと

www.city.shibuya.tokyo.jp

 

完全に日本のコロナ対応が世界と違うことがわかるニュースではあるのですが・・・。

それは置いといて。

 

渋谷に若者が一斉に集まると、一部が暴徒化したりするのでごくごく一般人の自分は渋谷でカウントダウンしたいとは思えないんですよね。一度でいいから行ってみたい!という感覚にはならない。(ニューヨークはおむつをしてでも行ってみたい。)

 

ヤフコメを見ると「もう今後一切中止にしたほうがいい」というコメントが大多数でした。とは言え、日本のトップ繁華街で大勢で派手な年越しができたらそれは素晴らしいと思います。誰も暴徒化せず、夫婦・カップル・友達グループ・仕事仲間・ソロ・外国人観光客などいろいろな人たちが年越しのその瞬間を楽しめるようなモラルと雰囲気が出来上がれば最高。(暴徒化・犯罪化した瞬間即逮捕する強力なセキュリティ体制の構築は必須)

 

「ゴミが溢れかえるだけで渋谷区にカウントダウンをやるメリットはなくデメリットしかない」というヤフコメも多かったけど、普通に店もしくは露店をオープンして食べ物飲み物、グッズ、防寒商品や年越し商品などを売りまくればいい。もっとがめつくやってほしいですね。

ちなみに、渋谷に人が集まるとゴミが大量にあふれかえる、というのは他の国の大都市も大なり小なり同じ。こればかりは仕方ない。ただその間一気に儲けてほしい。

 

今年は海外でカウントダウンに参加する予定なので、そう考えると日本のカウントダウンのシンボル的な場所がないのは残念だなぁと思いました。その点ではフリーで集まってはしゃぐ際のモラルやセキュリティ体制の面で日本はまだまだ成熟していないのだと思います。皆で楽しむ部分は楽しんで、安全面に関してはニューヨーク等を参考に特に厳しく取り締まり(ある種強引な制限は必須)、日本を代表する世界的なイベント事が生まれたら良いですね。

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと

Zoneリベンジ

ZONeはコラボが絶好調だそうです。

www.energydrinkmania.net

12月20日発売、数量限定の東京リベンジャーズコラボ商品、ZONeリベンジ。今回はジンジャーエール味です。生姜の辛味苦手なんだよなあ・・・と思いつつ飲んでみたら甘口で癖はなくフルーティーな味わいだったので安心しました。逆にこの味なら生姜なくてもいいんじゃないかと思うほど。

 

今回の缶は缶に直接プリントされておらずラッピングタイプです。本家レビューでも書いている通り別キャラの発売は当然考えているんだろうと想像します。味も生姜風味はあるもののガンガン攻めるタイプの味ではないので一般的向けにも普通に楽しめる感じ。味が特徴的すぎると東京リベンジャーズファンのグッズとして販売するくらいならアリですが、しかし200円の高額炭酸飲料をリピートは難しい。美味いかどうかは別としてもこの味でバランスは良かった。

ZONeシリーズは定番商品が次々と終売しており、今後も定番商品拡充よりも数量限定コラボ系が増えていくんだろうなと思います。

今週のお題ビフォーアフター

一度海外旅行に行きだすとコロナは完全に収束した気になる

news.yahoo.co.jp

羽田のほか成田も関空も国際線のJALANA増便だけでなく各国の航空会社が続々戻ってきて増やす予定が出ていて、やっと世界の日常が戻ってきた感じがして嬉しいです。

日本が開国してから海外旅行に行き始めて、今また航空券の予約と今後のスケジュールを年末から来年春すぎまで考えていると完全にコロナは収束した気分になっていて面白いです。あれだけ帰国前PCRには無理がある・・・とか悩んでたのが嘘のよう。

google検索が使えなすぎてSNS検索するのは当然のスキルになりつつある??

若者はググらないという最近のネットの傾向、本当なのかどうかは置いといて、とりあえず検索エンジンであるgoogle検索がまともなserpを返してこないので仕方なくSNSで検索することは今や当然の検索スキルのひとつになっていると思います。

 

新しいプロテインを買ってみようと検索するとアマゾン、楽天、ヤフーショッピング等の結果ばかりが並ぶ。さらに複合キーワードで口コミ系、買ってみた系を探してみたものの出て来ない。

なのでツイッターで検索してみたところ、こちらはアドbotのゴミ情報ばかり。botを片っ端からブロックして非表示にさせていくと、ようやく消費者のツイートが現れる。この点ではブロック機能優秀だなと思います。

 

googleがゴミ化しSNSもゴミが多い中、まともな情報にたどり着くには手間が必要になってしまった・・・という話。

モンスター新作リハブレモネードティー発売

www.energydrinkmania.net

 

ようやく日本にもリハブが来ました!何年も待っていたのでこれは嬉しいです。

日本仕様に少し味が変わっているものの、リハブらしさはしっかりあるので箱買い必須。

好みにもよりますが、色々なエナジードリンクを飲んできた人ほどリハブシリーズの評価が高くなっていくように感じます。特に低カロリー低糖質なのは本当に嬉しいし、無炭酸も選べるようになったのは評価できる部分でしょう。

レビュー公開後、そこそこ多くの人たちに読んでもらえていて、味のレビュー以外にもリハブシリーズの知識に関してはかなり好評のようで良かったです。リハブ以外も年々歴史が積み上がっていく商品が多いので、豆知識的なコンテンツも各商品に追記していこうかなと思います。

 

モンスターエナジーリハブレモネードティーのレビュー

今週のお題「わたしは○○ナー」

安い日本を楽しんで、リピーターになってくれたら・・・

news.yahoo.co.jp

日本が安い国になってしまうなんて、残念・・・と思う一方、このように訪日客が爆発的に増え、日本で買い物、食事、観光、滞在を楽しんで外貨を落としまくってもらい、また日本に来たいと思ってもらえれば良いですね。

 

ヨーロッパからはロシアの影響で今は片道で15時間かかるので、こんな極東の島国に来てることがこちらとしては驚き。

こういう立地的にも不利な日本に興味を持ってわざわざ来てくれた人を大切にして、日本の考え方や生活、文化、独自のモラルまでも体験してもらって、日本を大切に思ってくれる外国人が増えたらいいなと思います。

今週のお題「マイルーティン」

ネタドリンクレビュー

www.energydrinkmania.net


世界のエナジードリンクを1000フレーバー以上飲んできたエナジードリンクマニアが日本のネタドリンクをレビューしてるゆるいレビュー記事。

明らかにネタにしてくださいという商品を空いた時間にレビューしていこうかなぁと思ってます。エナジードリンクを好きな人以外にもこんなレビューを通して知ってもらえたらラッキーですね。おまけのおまけ、サブコンテンツとして不定期更新していきます。

 

ちなみに今回レビューしたファンタ ミステリーブルーは何味かを想像しながら飲める面白い商品で、大抵味の正解にはたどり着けないようになっています。これが微妙だったけど・・・、ファンタ ミステリーブルーの味が美味しかったから許す。

 

ただね、エナジードリンクアメリカでは不健康系から脱却しつつあって、割と飲みやすくなってきたんだけど、ファンタ ミステリーブルーのようなこの手の砂糖飲料は今も昔も変わらず体に良くない。自分が歳を取るのと同時にエナジードリンクシーンと同様に変化していくと良いんだけど。

アメリカのエナジードリンクシーンの流行が自分と同じ方向に動いてきたのはびっくりします。この辺はまたそのうちメインで記事にしていきますね。

ファンタ ミステリーブルーのレビュー

 

追記。けっこう評判が良いみたいなので、ネタ系ドリンク見つけたら随時追加していく予定。それとブログから専用コンテンツに切り替えたw

ゆるーくやっていくけど、かなり需要あるんだと踏んだ。

海外へ行ってみた結果

ほぼコロナ前と同じ状況に戻りつつあるので海外旅行も主な観光国に行き普通に帰国できるようになっています。

2年半ぶりに海外へ行ってみたところ、とにかく高い。なんでも高い。円安もあるけど物価高も凄い。そして日本が安すぎる。

コロナの間は日本のいろいろなホテルに滞在したり食事に行ったりしていたけど、同じようなことは海外ではできない。経済的に貧乏であるとともに精神的にも金銭感覚がおかしくなってる。

海外行くと、せっかくだからと、いつも以上にお金使って楽しんでたけど、それはちょっと控えたほうが良いかも、と思ってしまうレベル。何か悲しいよね。

物価高はまだまだこれからだし、円安も落ち着く様子はない。どうなるんでしょうか。

 

こんな記事をみつけた。

【値上げの影響!?】食費節約のため「ランチを食べない」会社員の割合は? | マイナビニュース

ここ最近の勤務日のランチ代を聞くと、平均は439円となっている。役職別で見ると、一般社員は419円だが、部長クラスでも564円と500円台、役員以上でも636円と600円台だった。

んなアホな・・・。439円のランチ・・・。物価高・円安のアメリカで買ったエナジードリンク1本の価格くらい。そもそも部長役員でこの価格ってどうやってアンケートとったのか疑問ではあるけど、要するにヤバい・・・(モンスターエナジーポエム)

今週のお題「マイルーティン」